気になる!口臭を治す方法

口臭とは

口臭を治したい

口臭というのは口の中の吐く息のことをいいますが、人それぞれ臭いは違っています。
なぜ人の口の臭いというのは違っているのかというと、その人の口内環境も違えば、体内環境も違いますし、生活している環境や習慣なども違いますからそれによって大きく変わってくるわけです。
また、臭いはその人の健康状態などを表しているとも言われていてもしかすると病気にかかっている前兆とも言われています。

 

口臭は大きく分けるといくつかに分けることができるのですが、生理的なものと病的なものがあって、生理的の場合には、たとえばニンニクを食べてにんにく臭くなったとか、お酒を飲んでお酒臭くなったというものです。他にも舌苔がたまっていると臭いがしますし、ストレスなどによっても発生するといわれています。
生理的な口臭は虫歯や歯周病なども関係しています。他にも年齢とともに口の臭いがきつくなったり、煙草を吸うためにきつくなるというケースもあります。
では病的な臭いというのはどのようなものかというと、たとえば歯周病や虫歯にかかっていたり、糖尿病や肝炎、胃潰瘍などの症状が臭いとして現れることもあるといわれています。

 

口臭と聞いて思うのは「嫌な臭い」とか「臭い」とかではありませんか?
人間が口の臭いを気にしだしたのは何と古代ローマ時代からだといわれています。また厚生省の調べでは平成11年の時点で口臭があると悩んでいる人は15%いたそうです。ですから今はもっと増えているかもしれません。

 

では口臭の物質とは何か知っていますか?
代表的なものを挙げると、まずは硫化水素ですね。良く言われている卵の腐った臭いです。次に挙げられるのはメチルメルカプタンです。
これは血生臭いような魚臭いような感じです。最後は硫化ジメチルです。これはごみ臭い感じです。

 

臭いの正体というのは硫化水素などたくさんの物質があって、それが混ざり合って臭いを作り上げています。
臭いは機器で測定できるのですが、測定できる物質というのは硫化水素、メチルメルカプタン、硫化ジメチルの3つだけです。

 

測定方法ですが、先ほど挙げた機器で測定する方法と歯科医師や歯科衛生士が臭いを嗅ぐ方法の2種類です。
測定する器械にも種類があって、オーラルクロマ、ハリメーター、ブレストロンがあります。


口臭を治す方法

口臭がひどくて悩んでいるのならば本気で治さなければいけません。
その方法を挙げてみます。

@口臭外来に通う
A口臭対策のグッズを使う
B薬やサプリを飲む

@まず一番確かな方法は口臭外来に通うことです。

 

歯医者さんへ行ってももちろん原因をさぐり治療して治すこともできますし、病院へいって原因をさぐり治すこともできますが、いろいろまわるだけで時間もお金もかかってしまいます。

 

口臭外来というのは、その原因をさぐりその人にあった治療法で治療し治していきます。ただ保険適用の部分と保険適用外の部分があるのですこし治療費はかかるかもしれません。事前に一度費用のことなど問い合わせておくことをおすすめします。

 

初診費というのは保険が適用外なので20000円前後すると思っておいてください。いろいろな検査をしていきます。歯の歯石をとったりするのは保険適用なので2000〜3000円くらいだと思います。

 

あと掛かる費用といえば口臭ケアグッズを購入するくらいですかね。
専門医に進められた商品は使ってみる価値有りだと思います。病院だけではなくて家でもケアしていればはやく治るかもしれません。

A口臭対策のグッズを使う
口臭を治すための方法は色々とあります。
まず市販されている対策のグッズを使うという方法が一つあると思います。
たとえば対策グッズとしては、歯ブラシや歯磨き粉なども臭いを対策するために販売されているものも色々とありますし、臭いの原因になっている舌苔を洗浄するためのグッズなども販売されています。
口のなかをきれいにすることで臭い対策になります。

B薬やサプリを飲む
それから他にも、ガムをかんだり飴をなめたりするという方法もありますが対策としての食べ物はほかにもサプリメントや薬も最近は販売されています。
カプセルを飲むと口臭が全く気にならなくなるというサプリメントが人気で、においのきつい食べ物を食べた後などに飲んでいる人も多いのではないでしょうか。
そのほかの方法としては、グッズも食べ物にも頼らない方法があります。
それは、生活習慣を見直すという方法です。
生活習慣が原因で臭いが発生していることもありますから生活習慣を見直してストレスをなくすということが対策になりますから、食生活もそうですし、生活習慣を見直してみるのもいいのではないでしょうか。

口臭は誰もが気にすることだと思います。その原因にもいろいろあるのですが、一番の原因というのは口腔内ケア(歯みがきなどのことです)がきちんとされていない為に食べカスなどが落とせていないことによって発生することです。
ですが、この一番の原因とも言える食べカスが原因ならば実は治すのは簡単なんです。
口腔内をきれいにしておけば良いのですから。

 

では簡単に口臭チェックしてみたいと思います。
 1つ目:3食後必ず歯みがきをしていますか?
 2つ目:歯ブラシだけではなくて糸楊枝(フロスともいいます)や歯間ブラシは使っていますか?
 3つ目:歯みがきは3分以上かけてしていますか?

 

チェック項目少ないですがどうでしょうか。この3つ全て○の人はあんまり気にしていないと思います。
朝、昼、晩とどこかでしていないとその分のカスがたまってしまいます。歯ブラシだけでは取れない歯と歯の間の汚れも十分原因になります。
最後の3分というのはただ闇雲に3分過ぎるのでは意味がありません。歯に1本1本気にしながら磨いていれば自然と3分以上かかります。

 

さらに付け加えるのなら歯みがきの時は鏡の前で歯を見ながら磨くのがより良いと思います。

治す前にまずは口臭チェックの方法

会社や学校に行くと必ず1人は口が臭い人がいたりしますよね。
口が臭いと人に不快感を与えるため、人間関係にダメージを与えたり、仕事上でマイナスになることがあります。 口臭を治すにはまずはチェックから。あなたのお口は大丈夫ですか?

 

次にあげる項目に心当たりがあったら要注意です。

歯磨きの習慣はちゃんとついていますか?
食べたら磨く。これは予防の大切なポイントです。仕事で忙しかったり、昼間外出していると何か食べた後に歯磨きをしないでそのままにしてしまっている人は意外と多いのではないでしょうか。携帯用の歯ブラシセットを持ち歩き、外出先や仕事場でも歯を磨くようにしましょう。

 

歯周病ではありませんか?
歯茎が腫れたり、出血したりすると口の中の菌が増え、腐敗臭が広がり、口臭を引き起こすことになります。また歯肉の炎症、出血が起こると歯を磨くのが怖くなり、きちんと磨かずに適当に歯磨きをするため、さらに口腔内の状態を悪くしてしまい臭いが強くなってしまうことがあります。歯周病かなと思ったら歯科医院に相談し、早めに治療するようにしましょう。

 

舌苔はだいじょうぶですか?
舌の上に白っぽいコケのような舌苔がたまると臭いの原因となります。歯の掃除だけでなく舌の掃除もするようにしましょう。舌の掃除をするときはゴシゴシと強く掃除せず、優しく掃除するようにしましょう。舌苔がひどい人は舌ブラシを使って掃除するといいでしょう。

 

虫歯をそのままにしていませんか?
虫歯が1本あるからといって臭いが起きるわけではありませんが、虫歯の数が多かったり、虫歯がひどくなり神経が死んでしまったりしていると臭いを引き起こすことがあります。歯はしっかりと治療し歯の健康を維持しましょう。

 

歯列矯正治療中ではありませんか?
歯列矯正をしていると矯正のための器具が邪魔をして、上手く歯磨きができないため、食べかすが残り、口臭の原因となる場合があります。歯列矯正をしているときは歯磨きを入念に行い、隅々までブラッシングをするようにしましょう。

 

柔らかいものばかり食べていませんか?
口に入れてすぐに飲みこめる柔らかい食べ物ばかり食べていると唾液の分泌が減少し、口臭の原因となります。硬いものをよく噛んで食べたり、柔らかいものでも噛む回数を増やして唾液の分泌を促がし、唾液の抗菌作用を活かして口の中を清潔に保ちましょう。

 

朝食を抜いていませんか?
寝ているときは唾液の分泌が減少し口の中が乾きます。そのため目覚めた時口臭が強くなる傾向があります。この臭いは朝食を取ることで唾液が分泌され臭いを弱めることができます。しかし、朝食を取らないと唾液が分泌されないため、臭いがそのまま続くことになります。朝食をしっかりとって、防ぎましょう。

心当たりの項目がある場合は改善してしっかり口臭を治しましょう。